(株)共立物流システム / 製品名: 共立タフテナ KCC−V25−FY型

製品情報

共立タフテナ KCC−V25−FY型

クリックで拡大します

この製品のwebサイトへ

製品の概要

日本で始めて液体コンテナを開発し普及させて来た、共立の実績と経験をご利用ください。

差別化された物流サービスが販売競争力を高めます。
多品種少量生産・多頻度少量輸送時代にタフテナの物流サービスが商品の販売促進を一段と進めます。

二重安全設計で信頼性が違います。
ポリエチレン製タンクと鋼鉄製の外枠との組合せで、液体輸送の安全性と経済性をより確実なものとしました。

外枠は亜鉛どぶ漬メッキ製のプレハブ方式です。
外枠は亜鉛どぶ漬メッキで表面処理されています。いつまでも錆びず清潔な状態で品質管理が維持できます。
パレット・支柱・側面パネル・上枠のブロックで組み立てられ、メンテナンスは現場で必要なプロックが取り替えられます。

高度の回転成型技術で堅牢そのものです。
オランダの Vassen Schomaker 社より技術導入した「エンケル法」に、その後独自に開発した発砲三重層の技術で生産していますので、剛性度・衝撃性・断熱性が大幅に向上しました。

タンクの底は23〜30度の漏斗構造です。
完全底出し方式を採用していますので、横出し方式や変形底出し方式に比べて、高粘度の液体でも内容物を残留することなくスピーディーに排出できます。

サンドイッチ式配管で信頼性は抜群です。
配管の取付方式はポリエチレンタンクの特性から、ネジ込方式や袋ナット方式では不完全です。サンドイッチ式SUSフランジエルボ配管で、液漏れの心配がない安全性の高いコンテナを保証します。

ポリ袋の内袋で洗浄の手間が省けます。
タンクに内袋ポリエチレン袋をセットすることで、内容物が内壁に付着せず、コンテナの洗浄作業が一段と楽になりました。又、液面の皮膜防止にも利用されています。

特徴

応用例

(株)共立物流システムの企業情報

企業情報

企業名 (株)共立物流システム
所在地 〒541-0048大阪市中央区瓦町1丁目6番10号(JPビル4階)
電話/FAX TEL.(06)6227−0210(代)FAX.(06)6227−0219
企業概要

技術とアイデアで明日の物流を拓く


企業経営にとってコストダウンは、古くて新しい課題です。
共立は物流コストの低減と物流サービス向上の方法論を提案しています。業界のパイオニアとして日本で初めて粉体コンテナ・液体コンテナ等を開発し普及させてきた、共立の実績と経験を御利用ください。

企業サイト http://www.kpds.co.jp/

製品についてのお問合せ

お問合せ

企業名 (株)共立物流システム
担当者 共立タフテナ KCC−V25−FY型のお問合せフォーム
連絡先 TEL.(06)6227−0210(代) / FAX.(06)6227−0219

© 2001-2007 化学品ビジネスe-データ